内部監査・不正対策・コンプライアンスのプロフェッショナル プラムフィールドアドバイザリー

プラムフィールドアドバイザリー

プレスリリース

プレスリリース Press Release

  • 2010.4.27
     
    公益財団法人日本生産性本部と業務提携契約を結びました

 

※ 本リリースは共同通信PRワイヤーにて配信しております。
http://prw.kyodonews.jp/press/release.do?r=201004278844

公益財団法人日本生産性本部との戦略的業務提携について
?海外進出企業向けサポート業務のパートナーシップ締結?

プラムフィールドアドバイザリー株式会社(以下PFA)と公益財団法人日本生産性本部
(以下、日本生産性本部)は、本邦企業が海外進出を行う際のサポート業務について、
広く業務提携を行うことで合意し、戦略的業務提携の覚書に調印しましたので、下記のと
おりお知らせいたします。

―業務提携の概要?
【業務提携の趣旨】

日本国内の企業が経済発展著しい中国(香港を含む)やアジア各国、さらには海外に進出
する際、進出先の国や地域の政治情勢や商慣習・文化・各種法令の違いから、不正会計や
贈収賄、着服、横領、各種ハラスメントや差別、暴力など、多くの問題が発生しています。
これらの問題を解消し、日本のみならず進出先国・社会の進歩や生活水準の向上に資する
ため、各種コンサルティング、教育研修、啓発活動などの分野において、PFAおよび日本
生産性本部の経営資源を有効活用し、協業することで強固なクライアントサポートを図っ
てまいります。

【業務提携の内容】
PFAおよび日本生産性本部の蓄積した知識や技術のノウハウ、人的ネットワークなどの経
営資源を相互に活用し、コンプライアンス、不正対策&不正リスク、内部統制、財務など
の分野において以下の業務を行ってまいります。

  1.コンプライアンス、不正対策、内部統制コンサルティング業務の包括的な提供
  2.工場労働者や社員、経営層向けコンプライアンス研修、セミナーの実施
  3.コンプライアンス制度の改善
  4.業務に内在するリスクの分析
  5.IFRS対応への業務移行サポート
  6.出版、フォーラムなどの開催

【プラムフィールドアドバイザリー株式会社の概要】
プラムフィールドアドバイザリーは、日本はもちろん、中国(香港を含む)をはじめとし
た世界各国で、コンプライアンス、不正対策&不正リスク、内部統制、財務アドバイザリー
、各種研修を行っています。とりわけ、日本語はもちろんのこと、中国語、英語、韓国語
での多言語・多文化サービス提供を特徴としています。コンプライアンスと不正対策の分
野では、欧米における先端コンプライアンス企業へのサービス提供経験を活かしたコンサ
ルティングを強みとしており高い専門経験を持っています。
特に日本の大手企業の現地法人を中心に、大変多くのお客様にご支持いただいています。
財務・会計分野においては、英語や中国語を使った国際財務報告基準(IFRS)関連サー
ビス、連結決算に関するコンサルティングサービスを強みとしており、お客様のニーズに
徹底的に合わせたサービスを展開しています。

  社名   :プラムフィールドアドバイザリー株式会社
  所在地  :〒103-0025
        東京都中央区日本橋茅場町1丁目2番地14号 日本ビルディング3号館9階
  代表   :代表取締役 梅原 哲也
  資本金  :1250万円
  設立   :2007年7月
  URL  :http://www.pfa-japan.net
  事業内容 :企業への国際&専門コンサルティングの提供
  加盟団体 :東京商工会議所、全国法人会総連合
  加盟活動 :IFRSコンソーシアム、チャレンジ25キャンペーン

【公益財団法人日本生産性本部の概要】
日本生産性本部は2005年に設立50年を迎え、新しい生産性運動の方向を示す「信頼と活力
ある社会をめざして ?21世紀の生産性イニシアティブ」を発表し、3つの力(知力、民力、
環境力)の強化による総合的な 生産性向上を提唱しました。現在、この考え方にもとづ
き、生産性運動三原則の深化を図り、新しい国づくりを目指して活動を展開しています。

【本件に関するお問合わせ先】
プラムフィールドアドバイザリー株式会社
管理部:駒谷(こまや)
TEL:03-3661-6119 FAX:03-3661-6221
E-Mail:press@plumfield.co.jp

 

   
Copyright 2008-2012 Plum Field Advisory inc. All rights reserved.