内部監査・不正対策・コンプライアンスのプロフェッショナル プラムフィールドアドバイザリー

プラムフィールドアドバイザリー

プレスリリース

プレスリリース Press Release

  • 2011.5.18
     
    セミナーのご案内:一般社団法人 企業研究会【アジア子会社のコンプライアンスと不正監査の実務】


プラムフィールドアドバイザリーでは、一般社団法人 企業研究会 及び 森・濱田松本法律事務所 と連携し、今注目されているアジアのコンプライアンスや不正問題等、企業における実務対策を考える「アジア子会社のコンプライアンスと不正監査の実務」セミナーを開催致します。
本プログラムでは、日本企業にとって重要性が高まるアジアで多発するコンプライアンス問題や不正問題、そして問題が公になることによるマスコミの報道や社会的批判と、現地政府・行政当局からの責任追及や罰金等の影響について解説します。
更にはこれら問題への対策のひとつとして、コンプライアンスや不正にフォーカスした内部監査の実施手順を紹介するものです。

<アジア子会社のコンプライアンスと不正監査の実務セミナー概要>

対象者   経営企画・国際事業・コンプライアンス・監査部門などに所属される皆様

講師     梅原 哲也  プラムフィールドアドバイザリー 代表取締役
         江口 拓哉  森・濱田松本法律事務所 パートナー 弁護士

開 催 日 時  2011年7月8日(金)13:00~17:00

プログラム

1. アジアにおける法務コンプライアンスの留意点
  (1) アジア各国における適法及び違法の考え方
  (2) 絶対してはいけない贈賄について(不競法、FCPA、Bribery Act)
  (3) グレーゾーンの考え方と実例
  (4) アジアにおける紛争解決方法(仲裁)

2. アジアにおけるコンプライアンスと不正対策
  (1) コンプライアンスと不正対策基礎
    ・コンプライアンスと不正対策に関する基本理論
    ・アジアにおいて多発するコンプライアンス問題と不正の事例
  (2) アジアに展開する日本企業におけるコンプライアンス実務
    ・コンプライアンスと不正対策の実務状況全般
  (3) アジアの内部監査紹介
    ・「コンプライアンス監査」と「不正リスク監査」~なにを見るのか~

3. アジアにおける不正監査の実務 
  (1) 不正リスクにフォーカスした監査とは
    ・不正発見方法概要
  (2) 不正リスク監査実務
    ・準備から分析、実査、報告までのプロセス説明

詳細 http://www.bri.or.jp/pgm/detail2.php?no=111227

会場 東京グリーンパレス(東京・麹町)

受講料   企業研究会会員:31,500円(本体 30,000円)/一般:34,650円(本体 33,000円)

お申込み  http://www.bri.or.jp/pgm/detail2.php?no=111227 (右上の「お申し込み」からご登録ください)

お問い合わせ   一般社団法人 企業研究会 早瀬(TEL.03-5215-3512)

Copyright 2008-2012 Plum Field Advisory inc. All rights reserved.